業界ニュース

チャンネルサイドブラケットの製造工程

2023-10-19

A チャンネルサイドブラケット直線チャンネルを支持するために使用される金属部品です。通常、組み立て、曲げ、プレス手順によって製造されます。十分な強度と安定性を提供するために、このようなコンポーネントは通常、鋼、アルミニウム、またはアルミニウム合金材料で作られています。


チャネル サイド ブラケットの製造プロセスには通常、次の手順が含まれます。


材料の選択: スタンピング、曲げ、組み立てを通じて強度と安定性を効率的に維持できるようにするには、通常、鋼、アルミニウム、アルミニウム合金などの材料を利用して、適切なプレートまたはプロファイルを選択します。


切断: 鋸または切断機を使用して、あらかじめ設定された寸法に従って、選択した材料を対応する小さな断片またはストリップに切断します。


スタンピング: プレートまたはプロファイルを必要な形状に成形します。チャンネルサイドブラケット必要な穴やフランジをプレス加工機で加工します。


曲げ: 曲げ機を使用して材料を支持形状に曲げることにより、材料の形状が基準を満たしていることを確認します。


組み立て: チャネル サイド ブラケットがリニア チャネル フレームを確実にサポートできるようにするには、製造された要素を組み立て、ネジまたは溶接で結合します。


表面処理: チャンネルサイドブラケットの耐食性を向上させ、長期的な耐用年数を維持し、外観を改善するには、電気メッキ技術または研磨機を使用します。


一般的な制作手順としては、チャンネルサイドブラケット以下のとおりであります。多くの製造工程や生産要件に応じて、特定の製造方法が変更される場合があります。

We use cookies to offer you a better browsing experience, analyze site traffic and personalize content. By using this site, you agree to our use of cookies. Privacy Policy
Reject Accept